お知らせ

デザインイノベーション・ワークショップ開催(2017年2月)

米国を中心にイノベーションのシステム化が進められています。

カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社は長年にわたる新規事業開発のノウハウをまとめ、ビジネスモデルをベースとしたデザインイノベーション・プログラム研修プログラムを開発しました。

単に理論を学ぶのではなく、アウトプットを出すためのプログラムです。

2017年2月に開催を予定しています。

カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社(略称KPCI)

・1999年、日本で最初のビジネスリーダープログラムを開発。一般社団法人日本能率協会ビジネスリーダープログラム1期~6期までの総合コーディネーターを担当

・2003年1月 ニューヨーク法人設立

・2009年、NHK教育英語でしゃべらナイトでグローバルビジネスリーダープログラム紹介

・2014年、デジタルハリウッド大学大学院にてビジネスプランニング担当(客員教授)

・2015年、BTEC-Level 7担当

お問合せ先はこちら→ design-innovation@kpci.jp

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

2016年度 CWO(チーフウェブオフィサー)プログラム1日集中セミナー9月30日開催

一般社団法人RMA主催、CWO1日集中セミナーを開催いたします。

《参加のおすすめ》
中堅企業、スモールカンパニー、ベンチャー、企業の事業部の方々を対象にした、CWO/CHOを育成するため、RMA ICT研究会の一環として開催いたします。
これは多くの機関の方々からISOは認証(認定)取得したが、ホームページ上で上手に発信するやり方が解らない、引き合いや受注に反映しない、業務の効率化に繋がらない、顧客サービスとしての活用がわからない、多額の費用がかかる等のご相談が増えています。
ウェブサイトはただ美しく見やすいだけでは市場からの信認は得られません。ウェブサイト自身が成果を発揮し、全組織をバックアップし、効率良い経営活動を支援し、継続的に企業を存続させるための資産(ウェブサイト)でなければなりません。資産はリターンを生むべきものです。
それを達成するためにはCWO/CHOの育成が急務と思われます。
※システムに関する知識がなくても結構です。

2016年度 CWOチーフウェブオフィサー3回プログラム8月22日より開催

一般社団法人RMAが主催するICT研究会/CWO3回シリーズセミナーを開催いたします。
第1回 2016年8月22日(月) 第2回 2016年9月14日(水) 第3回 2016年9月29日(木)  3回ともに 10:00~17:00
主な内容
1回目 ウェブサイトの機能とマーケティング戦略①
 1.ウェブサイトの3つの機能
 2.ウェブページ簡易診断
 3.マーケティング戦略の重要性
  ① ウェブ戦略構築のフレームワーク
  ② ドメイン
  ③ セグメントとSTP
  ④ ホリスティック・マーケティング
 4.webサイトの分析・改善(ケース分析)
  ① 分析から改善施策案を導く実践
  ② ゴールを設定する
  ③ 現状を分析する
  ④ ビジネスロードマップを設定
  ⑤-1 改善施策案(もっとサイトを知ってもらう)
  ⑥-2 改善施策案(体験コースに参加)
  ⑦-3 改善施策案(資料をダウンロードしてもらう)
  ⑧-4 改善施策案(問い合わせをしてもらう)
  ⑨-5 改善施策案(効率よく広告を出したい)

2回目 サイト改善とマーケティング戦略②
 1.競合他社との比較分析(多属性モデル)
 2.特性分析(ライフサイクル/事業特性/ハブ商品など)
 3.差別的優位
 4.ブランド・マネジメント
 5.サイト改善9つのポイント
  ① SEOについて
  ② キーワードを意識する
  ③ ページの最適化
  ④ ドメインオーソリティ
  ⑤ リンクビルディング
  ⑥ リスティング広告
  ⑦ モバイルフレンドリー
  ⑧ 検索順位チェック
  ⑨ 競合比較分析

3回目 具体化とマーケティング戦略③
 1.消費者心理(購買行動、行動経済学など)
 2.参加企業様をモデルにウェブ戦略の仮説検討
 3.ウェブ戦略のまとめ
  ① ウェブ戦略シート(領域別対策テーマ)
  ② 現状分析:ユーザーの行動フローを知る
  ③ 競合分析:検索結果からの上位サイトとの比較
  ④ 目標設定:指標、数値、期間
  ⑤ ページ構成考察
  ⑥ ユーザビリティ考察
  ⑦ To Doリスト(一般的に先ず行うべき8項目)
  ⑧ 新規受注獲得のための施策

動画による紹介

コスト研究会第2回開催 1月21日

一般社団法人RMA主催
コスト研究会第2回
【研究会の目的】
原価計算の専門家育成ではなく、ビジネスマンとしてコストに関する知見を養い、実務で実践するための要点を講師及び参加者と一緒に考えます。

【参加のお勧め】
コストを意識することはムダを意識するであり、目的思考を促し効率的な業務のあり方を考えることに繋がります。また、コストというのはオペレーショナル・コストだけではなく、投資的コストもあります。活動原価、品質コスト、取引コストなどコストを多面からとらえ、目的思考をもったコストに強い社員を育成します。
演習(ワークシート含む)を中心に進めますので職場でも活用できます。

主なキーワード:費用と原価、変動費と固定費、限界利益と貢献利益、損益分岐点とシミュレーション、ライフサイクルコスト及び活動原価からコスト戦略を考える、時間とコストによるマネジメント、品質コスト、要員設定6つの方法、間接部門(ナレッジワーカー)のための改善8原則とワークシート、戦略的コスト

リスク研究会終了

一般社団法人RMA主催 リスク研究会シリーズが終了いたしました。多くのご参加をいただきありがとうございました。

ISO 31000の概要、リスクチェーン、ハザード、エクスポージャー、組織活動、COCAモデル、用語定義、リスクフィールド、リスクマップ、リスクアセスメントプロセス、7つのリスクコントロール、ライフサイクルリスク、リスク管理台帳、リアル・オプション、リスクキャピタル、目標利益の逆算モデル、リスクプレミアムの計算、ゲーム理論、成長戦略としてのリスクマネジメント、組織文化とリスクマネジメントなどについてご紹介をさせていただきました。
昨今、リスク事象が多発しております。コーポレートガバナンスとも関係しますが、単に社外取締役などの形を導入しても、殆どの要因はヒューマンファクターに帰結します。様々なマネジメントシステムも必要ですが、十分ではありません。
リスクマネジメントは業務改善活動とも通じるものであり、組織開発活動として行うことが重要で、トータルリスクマネジメントとして全社的活動として粛々と地道に粛々と取り組むことが重要です。

戦略ウェブ「CWO(チーフ・ウェブページ・オフィサー)」5回シリーズ新規開催ご案内

一般社団法人RMAにて毎年開催しておりますICT研究会のCWO(チーフ・ウェブページ・オフィサー)5回シリーズを追加開催いたします。

【実施日時】 毎回13時~17時

第1回 10月30日 ウェブページ簡易診断、マーケティング戦略とウェブ

第2回 11月9日 他社事例にみるWebマーケティング(半日)

第3回 11月24日 Google AdWordsとGoogle Analytics

第4回 11月30日 サービス化、経験経済から見るマーケティング戦略とウェブ

第5回 12月14日 Web戦略の具体的構築(手順と手法とアイデア)

【開催場所】

公益財団法人日本適合性認定医協会 会議室

東京都品川区東五反田1-22-1 五反田ANビル3F

【研究会の目的】

新規受注、既存顧客/市場強化、業務効率化を実現するウェブページ作りの研究。
■次のような問題を感じていませんか?

①    ICTを活用して発信力や受注力を高める必要性は感じているのだが、既存事業で手一杯。

②    新規顧客からの問い合わせがない。

③    ホームページ制作を依頼するだけで数百万円も要する。それに成果も見えない。

④    一言でいえば、よくわからない。指標もフィードバックもないので、マネジメントしにくい。

戦略ウェブ/CWO(チーフ・ウェブページ・オフィサー)プログラムに関する動画解説サイト

お申込み・お問い合わせ 一般社団法人RMAまで

CWO(チーフ・ウェブページ・オフィサー/戦略ウェブページ)プログラム開催のご案内(2015年度)

2015年7月より、一般社団法人RMA主催でCWO(チーフ・ウェブページ・オフィサー)プログラムを名古屋で開催いたします。

5回シリーズで戦略ウェブページを具体的に検討する研究会です。マーケティング、Google Analyticsなど研究いたします。

ウェブページには3つの機能があります。一つは、新規顧客開発。二つ目は関係性強化。三つ目は生産性と組織開発です。

資産であるはずのウェブページが十分にその機能を発揮していません。ウェブページをデザインし、運用する側にも課題があります。しかし、自社で戦略とマネジメントを行っていく必要があります。

全ての組織がシステム部門やシステム要員を保有しているわけではありません。

しかし、ウェブページは最強のマーケティング、営業ツールといえます。

そのような問題意識や課題を持っておられる企業・組織の方々に参加いただければ幸いです。研究会です。お気軽にご参加ください。

➜募集を締め切りさせていただきました。

★★★今秋、東京にて追加開催が決定いたしました。近日ご案内申し上げます。

 

2015年3月5日ICT研究会5回シリーズ終了

2015年3月5日、5回シリーズのICT研究会が終了いたしました。

ICT研究会の目的は、業績の向上にできるだけダイレクトに反映させるためWebページです。

会社のWebページ(ホームページはWebページのトップ画面のことをいう)は資産であり会社の顔です。資産はリターンを生まないといけません。では、新規顧客からどれだけの問い合わせや見積りなどの引き合いが来ているでしょうか。

マーケティングにはAIDMAという消費者心理の理論があります。SEOはWebの世界でのAIDMAです。認知されなければ問い合わせもきません。認知された後、興味を喚起しある程度時間滞在していただかないと更なる欲求(試作がみたい、見積りをしりたい、見学をしたい、事例を知りたいなど)も生まれてきません。

日本企業の場合、既存顧客とのビジネスに偏重しすぎている傾向が見受けられます。成長が企業の継続をもたらします。

マーケティング戦略、Webデザイン、SEOの3つが一体となったWebデザインのサービスはあるようでなかなかありません。それぞれの専門家が分断されており、一つの頭(チーム)で考えていないためです。

また、Webは当該企業及び顧客企業の業務効率化にも貢献します。これはスウィッチングコストを高め、参集障壁を築くことにも繋がります。

ICT研究会は、2015年7月からCHO(チーフ・ホームページ・オフィサー)/CWO(チーフ・ウェブページ・オフィサー)とより特化した内容で、JABLAS主催で、名古屋で開催(5回シリーズ)する予定です。

2014年12月24日第2回ICT研究会

2014年12月24日、一般社団法人JAB試験所協議会にて第2回ICT研究会を開催いたしました。第2回目はマーケティング戦略を中心に手段としてのICT戦略を位置づけました。マーケティング戦略を考える上、ドメインを明確にし、バリューチェーン全体からビジネスモデルを再構築し、差別的で優位であり、かつ市場性のあるサービスを創造していくことが求められます。単にシステム化してもそれは既存サービスの効率化のままで、イノベーションという観点からは、価値は変わっていないかもしれません。

ICTはイノベーションを可能にするツールです。よって、上位概念であるマーケティング戦略を構築しつつ、ICT戦略との有機化を図っていくことが求められます。今回は、サービス化をキーワードに検討を行いました。

2014年12月4日ICT研究会

2014年12月4日、一般社団法人JAB試験所協議会にて第1回ICT研究会を開催いたしました。ICTに関しては総務省からも国際競争力の一つとして報告書が出されています。

大企業であれば専門のCIOなどもいますが、それ以外では、CMOもCIOもいません。ICTの核となるホームページに関しては外注が殆どでマーケティング戦略などとの連携も不十分で中期経営計画のたびにICT戦略を見直し、ホームページ(Webページ)を見直すこともありません。最大の課題は、ホームページから新規引き合いが来ないことです。

こうした現状と課題を明確にするため、3種類の診断チェックリストを使って、ホームページを定量評価し、課題を明確することからはじめました。